コンビニバイトの電話応募で緊張せずかける方法や時間帯を解説

コンビニ

コンビニバイトへの電話応募は、どうしても緊張してしまうもの。

面接ではありませんが、電話でのやり取りでも印象が伝わってしまいます。

そこで電話応募の際は慎重にかけるのですが、電話応募の際はちょっとしたコツがあります。

今回はコンビニバイトの電話応募の時に、出来るだけ緊張を和らげる手段や電話をかける時間帯について解説します。

コンビニバイトの電話応募はメモを準備する

まずコンビニバイトで電話応募する場合、スムーズに進めるために事前にいくつかの準備をしておくことが大切です。

特に冒頭でもお伝えした通り、電話をかける時は凄く緊張してしまいます。

そこで緊張を和らげる為にメモを用意しておきます。もちろん、メモには事前に応募先の情報を整理し記載しておきます。

応募先の電話番号や住所はもちろん、担当者の名前、他にはご自身のスケジュールなどまで細かく書いておくといいでしょう。

自分が伝えたい情報や、事前に準備した質問事項もメモしておくことが、電話応募をスムーズにする為のコツです。

相手からどんな返事が返ってきても、すぐ返事を返せるような状況を作っておく、ということが緊張しない為のポイントとなります。

もし電話をかけただけの状態で、応募先の情報を全く知らないとなれば、突然質問された場合などに対処できなくなってしまいます。

そうなれば焦ってしどろもどろな返事となってしまい、悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

よって、メモを準備しておくことで、電話中に焦ることなくスムーズに応募の意志を伝えることができます。

また、応募先からの質問や、面接日時の提案など、重要な情報を逃さずメモすることもできます。

メモは重要なアイテムですので、電話をかける場合は必ず手元に置いておきましょう。

事前に準備するおすすめの情報

上述の通り様々な情報をメモしておくといいのですが、中でもこれがあると安心できる、というような情報をご紹介します。

応募先の情報

応募するコンビニの住所や電話番号、担当者などの基本情報は、電話をかける前に確認し、メモしておくことが重要です。

これにより、応募先の担当者に対して具体的で明確な情報を提供することができ、スムーズに話すことができます。

また、応募する店舗の特徴や、求める人材に関する情報もあらかじめ把握しておくと、電話応募の際に自分がその仕事に適している理由を具体的に説明することができます。

応募先の情報の整理をしっかりと行い、自信を持って電話に臨みましょう。これらの準備を通じて、応募先に良い印象を与え、バイト採用のチャンスを高めることができます。

自分のスケジュール

コンビニバイトの電話応募時に、場合によっては現在のスケジュール、今後の予定を明確に伝える時もあります。

これには、現在の学校や他のバイトのスケジュール、予定されている休暇、長期にわたる予定などが含まれます。

この情報を事前にまとめておくことで、応募する店舗のシフトにどのように組み込めるかを具体的に話し合うことができます。

例えば、学校が終わった後の平日や、週末だけ働きたい場合など、自分の利用可能な時間帯をはっきりさせておきましょう。

希望シフト

コンビニバイトでは、シフト制を採用している場合が多いため、希望する勤務時間帯を事前にメモしておくことが大切です。

朝、昼、夕方、夜など、どの時間帯に働きたいか、また週に何日程度働けるのかを明記します。

また、特定の日に働けない場合や、長時間のシフトを希望する場合なども、電話応募の時点で伝えておくと良いでしょう。

希望シフトを明確にすることで、採用担当者はあなたがチームにどのようにフィットするかを判断しやすくなります。

これらの情報をメモしておくことで、電話応募時に迅速かつ正確に情報を伝えることができます。

また、採用担当者に自分の状況を理解してもらいやすくなり、採用の可能性を高めることができます。

コンビニへ電話をかける時間帯はいつ?

電話をかける最適な時間帯を知っておくことも大切です。いつ何時でも電話をかけても良い、ということはありません。

コンビニの店舗は早朝から深夜まで営業していることが多いですが、電話応募をする際は店舗の忙しくない時間帯を選ぶことが望ましいです。

一般的に、10時から11時頃、または14時から17時頃がおすすめです。

この時間帯は、店舗が比較的落ち着いているため、担当者が電話に出やすく、じっくりと応募者の話を聞いてくれる可能性が高まります。

しかし、店舗によってはこの時間帯でも忙しい場合があるため、電話をかけた際に応募の話をするのが難しい場合は、改めてかけ直す時間を尋ねると良いでしょう。

コンビニバイトで電話応募の流れ

緊張せず電話をかけることはメモを準備するだけではありません。

電話応募する一連の流れを知っておくと、さらに緊張が和らぎますので、以下に電話応募の流れについて解説してみました。

静かな場所へ移動し電話をかける

電話応募をする際には、通話中の環境にも気を配ることが重要です。

静かな場所で電話をかけることで、周囲の雑音を最小限に抑え、自分の言葉が相手にはっきりと伝わりやすくなります。

また、静かな環境は、応募者自身も落ち着いて話をすることができるため、緊張を和らげる効果も期待できます。

電話をかける前に、人通りが少なく、周囲の騒音が気にならない場所を見つけ、応募先とのコミュニケーションに集中できる環境を整えましょう。

これにより、応募の意志を明確に伝えることができ、良い印象を与えることができます。

名前を名乗り用件を伝える

電話応募では、まずは自分の名前をしっかりと名乗り、バイト応募の目的で電話していることを明確に伝えることが重要です。

電話をかける際には、

「〇〇(自分の名前)と申します。アルバイト募集の件でお電話させていただきました」

というように、礼儀正しく自己紹介をし、応募の意志をはっきりと示しましょう。

この初めの一言で、応募者の印象が大きく左右されるため、明るくはっきりとした口調で話すことがポイントです。

担当者にバイトを募集しているか確認

自己紹介と応募の意志を伝えた後は、コンビニが現在アルバイトを募集しているかを確認します。

「現在アルバイトを募集されていますか?」
「アルバイトの募集情報を見たのですが、まだ応募は可能でしょうか?」

といった形で、丁寧に問い合わせましょう。この時、もし募集が続いている場合は、応募方法や面接のスケジュールについて具体的に尋ねることで、次のステップへと進む準備ができます。

また、万が一募集が終了している場合でも、「今後募集があるか」や「他の店舗での募集状況」を尋ねることで、他の機会につなげることが可能です。

募集中の場合は面接日時の相談

バイトを募集していることが確認できたら、次のステップとして面接の日時を設定します。

この段階では「面接を受けさせていただくことは可能でしょうか?」や「面接の可能な日時を教えていただけますか?」といった形で、積極的に面接の機会を求めましょう。

担当者から提示された日時が自分のスケジュールと合わない場合は、丁寧に他の候補日を提案することが重要です。

面接日時の調整は、双方にとって都合の良い時間を見つけることが目的であるため、柔軟な対応を心がけましょう。

気になることを質問する

面接の日時が決まったら、応募に関して気になる点や不明点を質問する良い機会です。

例えば「面接ではどのような服装で行けばいいですか?」「面接当日の持ち物で必要なものはありますか?」「履歴書は必要ですか?」といった面接の準備に関する質問があります。

他にも「勤務時間帯」や「シフトの決め方」についての質問など、実際の勤務に関することも事前に確認しておくと安心です。

ここで積極的に質問をすることで、面接当日に余計な心配をせずに済むだけでなく、応募者自身の真剣な姿勢もアピールできます。

ただし、質問は簡潔かつ明確に、相手の時間を尊重する形で行いましょう。

電話を切る

面接の日時設定や質問が終わった後の、電話の切り方も非常に重要です。

最後の印象が良いものであれば、応募者に対するポジティブなイメージを残すことができます。

電話を切る際には、「本日はお時間をいただき、ありがとうございました。当日はよろしくお願いいたします」といった感謝の意を表す言葉を伝えましょう。

そして、相手が何か言いたいことがないかを確認してから、丁寧に電話を終えることが大切です。

このような配慮が、応募者のマナーの良さを示すことになります。

電話の話し方のコツ

コンビニバイトへの電話応募では、話し方が非常に重要です。

第一印象は声と話し方で決まるため、丁寧でハキハキとした口調を心がけましょう。

まず、自己紹介ははっきりと、自信を持って行います。自分の名前をしっかり名乗り、応募の意志を明確に伝えることが重要です。

また、相手の話を遮らさず、話が終わるのを待ってから自分の言いたいことを話しましょう。

質問や応答では、簡潔明瞭に。長々と話しすぎず、ポイントを押さえた返答を心がけることで、相手にとっても聞きやすいコミュニケーションが取れます。

また「はい」「わかりました」など、相手の話を理解していることを示す言葉を適宜挟むことで、良好なコミュニケーションを図ることができます。

声のトーンも大切で、明るく元気な声はポジティブな印象を与えます。

しかし、過度に高いトーンや大声は避け、落ち着いたトーンで話すことが望ましいです。

電話応募は直接顔を合わせるわけではないので、声のトーンや話し方で自分の人柄や意欲を伝えることが重要になります。

これらのコツを意識することで、なるべく相手に良い印象を与えることが出来るでしょう。

担当者が不在の場合の対処法

コンビニバイトへ電話応募をした際に、担当者が不在で応募の話を進めることができない場合もあります。

そのような時は、まずは冷静に対処しましょう。

「申し訳ございませんが、アルバイト応募の件で改めて電話をさせていただいてもよろしいでしょうか?」

と丁寧に尋ね、担当者がいる時間帯を教えてもらうか、折り返しの電話を依頼しましょう。

この時、自分の名前と連絡先、連絡を希望する時間帯を明確に伝え、応募の意志があることをしっかりと伝えることが大切です。

担当者が不在でも、丁寧な対応を心がけることで、好印象を残すことができます。

コンビニバイトの電話応募まとめ

コンビニバイトへの電話応募では、まず適切な時間帯に丁寧に自己紹介し、応募の意志を明確に伝えます。

また緊張せず電話をかけるコツとしては、メモに必要な情報を準備し、騒音などがない場所で話すことも重要です。

応募前には、これらの情報を整理し、準備万端で電話に臨みましょう。

また、面接の日時の設定や、勤務条件に関する質問をする際は、ハキハキとした口調で簡潔に伝えることが大切です。

担当者が不在の場合は、折り返しの連絡を依頼し、電話を終える際は感謝の言葉を忘れずに。

これらのポイントを押さえることで、電話応募で成功に導くことができます。

タイトルとURLをコピーしました