コンビニ早朝バイトの時給を他の時間帯と比較してみた!

コンビニ

コンビニバイトは、学生から主婦、副業を求める社会人まで、幅広い層に人気のある仕事です。

特に、時給の違いが大きな関心事となることが多く、各時間帯でどれだけ収入が変わるのかは、バイトを選ぶ上で重要な要素の一つです。

そして、コンビニでバイトをするなら早朝の方が時給が良い、という話を聞いたことがある人もいると思います。

そこで、早朝バイトの時給が他の時間帯、例えば日中や夕方、深夜シフトとどのように異なるのかを比較してみました。

早朝バイトの特性とその魅力、時給の違いがどのように働き手の選択に影響を与えるのかを詳しく見ていきましょう。

コンビニの早朝バイトは時給が良いという噂は本当?

結論から言いますと、詳しくは後述しますが、実際は早朝シフトで時給が高いコンビニはそこまで多くありません。

ですが、時給が高く設定しているコンビニがあるのも事実で、求人サイトで早朝だけ時給が高いコンビニもあります。

早朝の時間帯は人手が不足しがちで、お店舗側はこの時間に働ける人を確保するために、他の時間帯よりも高い時給を設定することがあります。

そして早朝に働くことの社会的、身体的な負担を考慮してのことであり、特に大都市圏ではその傾向が強いです。

但し、地域や店舗によって差があり、全てのコンビニで一律に高い時給が保証されているわけではありません。

よって、早朝バイトを探す際は、複数の店舗の条件を比較検討することが重要です。

特に、早起きが苦でない人にとっては、非常におすすめのバイトとなります。

また、開店準備や品出し、清掃など、一日の始まりに重要な業務を担うことから、責任感を持って働ける人材を求めています。

シフトで時給が高い順番は?

コンビニバイトでは、勤務する時間帯によって時給が異なります。

一般的に深夜シフトが最も時給が高く、次に早朝、そしてお昼や夕方のシフトが続きます。

この時給の差は、勤務時間帯の需要と供給、労働条件の違いに基づいています。

深夜シフトは法律で定められた深夜手当が加算されるため、特に高時給になります。

一方、早朝シフトは開店準備や配送物の受け取りなど、比較的忙しい時間帯という理由から、深夜ほどではないものの時給が高めに設定されている場合があります。

お昼や夕方は一日の中で人手が必要とされる時間帯であり、時給は基本的に標準的な範囲内です。

高校生だけ時給が低い求人は少ない

20年ほと前までは、高校生だけ時給が低いようなアルバイトが多くありました。

現在、コンビニ業界では、高校生のアルバイトに対しても成人と同等の時給を提供する傾向にあります。

これは、高校生を含むすべてのバイトスタッフが同じ仕事を行うため、公平性を保つための措置です。

ただし、高校生が働ける時間帯には法律で制限があり、特に夜間の勤務は原則として許可されていません。

このため、深夜手当てが付く時間帯での高時給を得ることはできませんが、早朝やお昼、夕方のシフトでは他の年齢層と同様に働くことが可能です。

実際、多くのコンビニでは、高校生にも積極的に門戸を開いており、活躍できる環境を提供しています。

よって、時給が高校生だけ低いという求人は少なく、多くの場合、年齢に関わらず同じ条件で募集しています。

但し、一部の求人はまだ時給に差をつけている求人もあるので、全ての時給に差がない、という訳ではありません。

コンビニの早朝バイトの時給を比較した結果

実際に、大手求人サイトでバイト募集中のコンビニから時給を調査した結果についてご紹介します。

東京、神奈川、埼玉の地域を各15案件調査したのですが、朝6時~昼頃のシフトで時給が他の時間帯よりも高いコンビニは、意外と少ないことが分かりました。

当然、時給が高いのは夜となっており、夜だけ時給が高く他の時間帯は一律で同じ時給になっているコンビニが多いです。

暇と言われている時間帯(14時~16時)も同じ時給になっている場合が多く、早朝だけ特別扱い、という訳ではないようです。

地域別の時給の比較

東京
  • 時給の平均:約1113円~1300円(深夜除く)
  • 早朝の時給が高い店舗:15件中6件、時給1220~1430円
神奈川
  • 時給の平均:約1112円~1280円(深夜除く)
  • 早朝の時給が高い店舗:15件中5件、時給1170~1350円
埼玉
  • 時給の平均:約1030円~1130円(深夜除く)
  • 早朝の時給が高い店舗:15件中6件、時給1080~1200円

上記のことから、早朝の時給が高い店舗もありますので、早朝バイトを考えているのであれば、時給が高い店舗を選ぶことがポイントでしょう。

しかし、バイトをしたいコンビニが自宅より遠いような場合もあるので、本末転倒にならないように気を付ける必要があります。

早朝手当はつくの?

早朝手当は、特定の早朝の時間帯に働く従業員に対して支払われる追加の手当で、企業が自発的に設定するものです。

早朝手当が法律で具体的に定められているわけではありませんので、コンビニ側としては特に手当として支払う義務はありません。

コンビニバイトの場合、早朝手当は出ない場合が多いです。また手当の存在や条件については、バイトを始める前に確認することが重要です。

早朝手当の具体的な金額や支給条件は、勤務先の就業規則や労働契約によって異なるのが一般的です。

例えば、一部の企業では、特定の時間帯(通常は午前5時または6時から8時または9時まで)に勤務する従業員に対して、通常の時給に加えて早朝手当を支給します。

早朝手当の支払いは、企業や業界による裁量に基づいており、従業員が一般的な労働時間外、特に一日の始まりの時間帯に働くことに対するインセンティブとして提供されます。

従業員が早朝の時間帯に働く動機付けを強化し、より多くの人材を引きつけるための要素ですが、時給をあえて上げているコンビニが多い為、関係ないケースがほとんどです。

コンビニの早朝バイトの評判は?

コンビニの早朝バイトについては、評判が分かれるところですが、多くの場合、ポジティブな意見が多いようです。

早朝のシフトは、比較的忙しい環境のなかで、時給が良い場合があり、学校の近くで通勤しやすい、そして客層も良く集中した時間が多く、すぐに時間が過ぎると評価されています。

 

https://twitter.com/babanba123/status/1759139024118424042

 

 


 

また、早朝シフトを担当することで、日中の自由時間が増えるため、学業や他の仕事、趣味の時間に充てることができるという利点もあります。

一方で、早朝シフトは早起きが必要であるため、生活リズムを大きく変える必要があるというデメリットも指摘されます。

また、朝のピーク時にはお客様の対応で忙しくなることもあり、一部のスタッフにとってはプレッシャーとなることもあります。

しかし、多くの早朝バイトを経験した人々は、この時間帯の静けさや、日が昇る前から働くことの達成感、そして早朝手当などの経済的なメリットを高く評価しています。

コンビニ以外で定番の早朝バイトとは?

早朝バイトと聞くと、コンビニが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも多くの選択肢があります。

例えば、パン屋やカフェでは、開店前の準備やコーヒーなどの朝食メニューの提供を行うため、早朝からスタッフを必要としています。

また、新聞配達は典型的な早朝バイトであり、明け方に新聞を購読者の自宅へ配達します。

このほか、早朝クリーニングスタッフとしてオフィスビルや商業施設の清掃を行う仕事もあります。

これらのバイトは、一日の始まりに社会の動きを支える重要な役割を担っており、朝の時間を有効活用したい人にとって魅力的な選択肢です。

特に、朝型人間や、日中に別の仕事や学業がある人にとって、早朝バイトは収入を得る上で効率的な方法の一つと言えるでしょう。

早朝の静けさの中で作業をすることは、集中力を高め、効率的に仕事を進めることができるため、多くの人にとって魅力的な働き方となっています。

コンビニ以外で早朝の時給はどのくらい?

コンビニは一部の店舗において、早朝の時間帯に時給が良くなっているお店もあります。

では、他のお店ではどうなっているのでしょうか?

実は、コンビニ以外の早朝バイトでも、業種や地域によって大きく異なることがありますが、やや高めの時給になっている傾向にあります。

例えば、上述のパン屋やカフェでは、早朝の開店準備や朝食メニューの提供に従事するスタッフに対して、通常の時給にプラスして数十円から数百円の早朝手当が支給される場合があります。

新聞配達の仕事では、早朝の労働に対して時給が高く設定されており、地域によっては1000円を超える場合もあります。

また、清掃業務や物流関連の仕事では、早朝に働くことの困難さを考慮して、通常の時給よりも高めなっている場合も多くあります。

コンビニ早朝バイトの時給まとめ

本記事では、コンビニの早朝バイトの時給が他の時間帯とどのように異なるのかを比較しました。

結果として、早朝シフトは深夜シフトに次ぐ高時給であり、日中や夕方の時間帯よりも一般的に高いことが明らかになりました。

しかし、それほど多くはなく、一部の店舗のみ早朝の方が高いというケースが多いので、早朝は必ず時給が高い、とは言い切れないレベルです。

たまに早朝の方が時給が高い場合がある、という風に思っておくといいでしょう。

早朝の時給の差は、勤務が通常の生活リズムと異なり、特定の準備や責任を伴うためです。

最終的に、どの時間帯で働くかは個々のライフスタイルやニーズによって異なりますが、早朝バイトは効率的に高収入を得るための有効な手段の一つであることが確認できました。

また、コンビニの早朝バイトを探す際は、時給の他にも勤務条件や通勤の便利さなど、総合的な環境を考慮することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました