アンケートモニターのバイトは安全か危険か?調査した結果のまとめ!

コラム

お小遣い稼ぎをしたいけれど、あまり時間は取れない。

そんな方にぴったりなのが、アンケートモニターのバイトです。

アンケートモニターなら、働く時間や場所を自分好みに選んでお金を稼げます。

しかし、噂では利用すれば危険などという声もあったりするのが現状です。

確かに、誰でも危険だと利用したくないでしょう。

ですが、アンケートモニターのバイトは魅力的なバイトでもあります。

そこでこの記事では、アンケートモニターバイトの安全性や、仕事内容など特徴について解説します。

アンケートモニターのバイトは安全?危険?

アンケートモニターのバイトは、手軽に副収入を得られる魅力的な選択肢の一つです。

ただ、インターネット上で活動する性質上、安全に参加できるのか、危険はないのか?といった疑問を持つ人も少なくありません。

そこで実際、様々なサイトやネット上の情報を調査してみましたが、安全なサイトもあれば、危険性のあるサイトもある、というのが答えです。

しかし実際は、いくつかのポイントに注意すれば、安全性の高いアンケートサイトを見分けること簡単にできます。

よって、危険なサイトはある程度見分けがつきますし、基本滅多にありませんので、それほど気にする必要はないでしょう。

安全性の高いサイト選びのコツ

会員数が多いサイト

会員数が多いサイトを選ぶことは、安全なアンケートサイトを見極める上での大きな手がかりとなります。

一般的に、会員数が多いサイトは、長期間にわたって運営されており、多くの人々から信頼されている証拠です。

大規模なサイトは、個人情報の管理にも力を入れていることが多く、安全対策がしっかりと整っています。

また、多くの会員を持つサイトは、アンケートの案件も豊富にあり、報酬の支払いに関するシステムが確立されていることが期待できます。

しかし、会員数が多いからと言って過度の期待をしないようにしましょう。

会員数だけだけに頼るのではなく、他の要素も併せて検討することが重要です。

評判とレビューを調査

アンケートサイトの安全性を判断するうえで、実際にそのサイトを利用した人々の評判やレビューを調査することは非常に有効です。

インターネット上では、多くのアンケートサイトについてのレビューや体験談が共有されています。

これらの情報を通じて、サイトの信頼性、報酬の支払い実績、個人情報の取り扱い方針などについて、具体的なイメージを持つことができます。

ただし、レビューを参考にする際には、その情報源が信頼できるかどうかを見極める必要があります。

極端に肯定的または否定的なレビューは、個々の特異な体験に基づくものである可能性が高いため、複数の情報源からの意見を総合的に判断することが大切です。

運営実績を調べる

安全なアンケートサイトを選ぶ最初のステップは、サイトの運営実績を調べることです。

長期間運営されているサイトは、その間に多くのユーザーから支持されている証でもあり、信頼性を築いてきた証拠と言えます。

ですので、運営実績が長いサイトは、ユーザーのプライバシー保護や報酬支払いの信頼性が高い傾向にあります。

調査方法としては、サイト自体に記載されている情報をチェックすることや、ネットでサイト名と運営会社名を検索し、ニュース記事やユーザーレビューを参照することが有効です。

また、サイトが特定の業界団体に所属しているかどうかも、その信頼性の指標になり得ます。

企業の情報をチェック

サイトを運営している企業の情報をチェックすることも、安全なサイト選びにおいて重要です。

透明性の高い運営会社は、ウェブサイト上で自社の詳細情報(所在地、連絡先、代表者の名前など)を公開しています。

企業が明確に情報を開示しているかどうかは、そのサイトを信頼して良いかを判断する上での重要なポイントです。

また、企業が他のビジネスやサービスを運営している場合、それらの評判や実績も参考になります。

企業の公式ウェブサイトやソーシャルメディアを通じて、その活動歴や社会的評価を確認しましょう。

信頼できる企業によって運営されているアンケートサイトであれば、安全に参加することが期待できます。

セキュリティ対策の有無

アンケートサイトを選ぶ際には、そのサイトがどのようなセキュリティ対策を講じているかを確認することが重要です。

セキュリティがしっかりしているサイトは、個人情報の漏洩や不正アクセスのリスクを最小限に抑えることができます。

具体的には、ウェブサイトのURLが「https://」で始まっているかどうかをチェックしましょう。

この「s」はセキュア(安全)を意味し、通信が暗号化されていることを示しています。

また、サイトが定期的にセキュリティチェックを行っているか、個人情報の取り扱いに関するポリシーが明確に記載されているかも確認ポイントです。

信頼できるサイトは、これらの情報をユーザーに対して透明に公開しています。

危険性を見抜く為のポイント

海外のサービスに注意する

海外のアンケートサイトを利用する場合、いくつかの危険性が潜んでいることがあります。

まず、サポート体制が国内のサービスに比べて悪い場合があります。

言語の壁やタイムゾーンの違いが原因で、問題が発生したときに迅速な対応を受けられない可能性があります。

また、報酬の支払い条件が厳しかったり、アンケートを回答したのにも関わらず、報酬が0ptとなる場合があるなど、報酬に関するトラブルのリスクも考慮する必要があります。

特に海外サービスは、国内法規の適用を受けないため、トラブルが発生した際の対処が難しいことがあります。

このようなリスクを避けるためには、海外のサービスを利用する前に、そのサイトの運営実績、ユーザーレビュー、利用規約などを十分に調査することが大切です。

また、可能であれば、国内の信頼できるサービスを優先的に選ぶことをおすすめします。

おすすめしないのが治験

こちらはサイトの危険性とかではなく、治験モニターとして参加する場合の注意点、ということを紹介します。

治験モニターとは、新薬の開発過程において、その効果や安全性を評価するために行われる臨床試験に参加することを意味します。

ということは、まだ市場に出ていない、十分に安全性が確認されていない薬剤を投与するリスクが伴います。

治験は医学的な研究であり、重要な意義を持っていますが、参加する際には、投与される薬の種類、可能な副作用、試験のプロトコルなど。

詳細な情報を事前に把握し、十分に理解した上で同意することが必要です。

個人情報の漏洩リスクを知る

アンケートモニターのバイトにおいて、もう一つの潜在的なリスクは個人情報の漏洩です。

オンラインでアンケートに回答する際には、名前や住所、メールアドレス、時には銀行口座情報など、様々な個人情報を提供することが求められます。

この情報が不適切に管理され、第三者に漏洩することは、個人のプライバシーに重大な影響を及ぼすだけでなく、詐欺のリスクを高める可能性があります。

安全なアンケートサイトを選ぶためには、上述の通りセキュリティ対策、個人情報の取り扱い方針がどう記載されているかを確認することが重要です。

また、個人情報を提供する際には、必要最小限の情報に留めるとともに、サイトの信頼性を十分に検討することが求められます。

中には詐欺サイトも存在

インターネット上には数多くのアンケートサイトが存在しますが、中には参加者を騙すことを目的とした詐欺サイトも潜んでいます。

これらのサイトは、非現実的に高い報酬を提示したり、参加するだけで大金を稼げると謳ったりして、ユーザーを誘います。

しかし、実際には報酬が支払われることはなく、個人情報を悪用されるリスクもあります。

詐欺サイトから身を守るためには、サイトの評判やレビューを確認することが重要です。

インターネット上でサイト名や運営企業名を検索し、他のユーザーの体験談や評価を参照してください。

また、長い歴史を持つ信頼できるサイトを選ぶことも、詐欺サイトを避けるための有効な手段です。

費用の請求に気を付ける

安全なアンケートモニターのバイトを探している際に、警戒すべき一番のポイントは、費用の請求です。

一部の悪質なサイトでは、アンケートに参加するための「登録料」や「資料代」と称して金銭を要求する場合があります。

また、特定の商品を購入する必要がある案件も、最終的には報酬が得られない可能性が高いため避けるべきです。

安全にアンケートモニターとして活動するためには、初期費用を要求する案件は一切受けないことが鉄則です。

信頼できるサービスでは、参加者に費用を請求することはありません。

また、できるだけWeb上で完結する仕事を選ぶことで、初期費用の請求や商品購入の要求から身を守ることができます。

アンケートモニターのバイトには、簡単に参加できる利点がありますが、詐欺サイトの存在や初期費用の請求といった危険性が潜んでいることも事実です。

これらのリスクを避けるためには、事前にサイトの信頼性をしっかりと確認し、疑わしい条件の案件は避けるようにしましょう。

そもそもアンケートモニターのバイトとは?

アンケートモニターとは質問に答える(アンケート)代わりに、謝礼としてお金を受け取るバイトです。

求人ごとに内容はさまざまで、単純にWebサイトでの質問に答えるだけのものもあれば、インタビューを受けたり、座談会に参加したりするものもあります。

中でもアンケートモニターのバイトで最大の魅力は、短時間かつ好きな場所で稼げること。

求人ごとに詳細は異なりますが、早ければ10分、長くても数時間(1~2時間ほどが主流)で終わります。

Web完結の求人であれば完全在宅で稼ぐこともでき、普段は忙しい主婦や学生のお小遣い稼ぎにぴったりです。

一方で、アンケートモニターは、それだけで生活費全部を賄うのには向いていません。

これは多くの求人では「過去〇ヶ月以内に、同種のアンケートに参加した方は応募不可」のような制限があり、連続して稼ぎ続けるのが難しいためです。

まとめると、アンケートモニターは「すきま時間を使って月に1~5万円などのお小遣いを稼ぎたい方」にぴったりなバイトです。

本業とは別に、嬉しい副収入が欲しい時に活躍します。

大きく4種類に分類!仕事内容について

そんなアンケートモニターの仕事は、大きく4種類に分類できます。それぞれ内容がまったく異なるため、自分の希望やイメージに合わせて選ぶことが大切です。

単純質問系

もっとも手軽かつ今日からでも始められるのが、単純質問系のアンケートモニターです。

単純質問系では、専用のWebサイトを通じて、あらかじめ用意されている質問へ順番に回答していきます。

特別な前準備や知識は一切不要で、好きなように質問へ答えるのみでOKです。

ただし、手軽さゆえにほかのアンケートモニターと比べると報酬は低くなっている場合がほとんど。

1件10円ほど(所要時間数分)の募集も珍しくありません。

よって、すきま時間をコツコツお金に換えたい方に向いています。

商品のサービスモニター系

特定の商品やサービスを利用し、その後アンケートに回答するのが商品のサービスモニター系です。

「この商品を利用してください」などと試供品が送られてくることもあれば、求人の時点ですでに利用した経験のある方を募集しているケースもあります。

単純質問系に比べると報酬が高く、1件数百円ほどを受け取れる案件が多めです。

一方で「30代女性で自社化粧品をお試しいただける方」「お子さんが英会話教室に通っている方」のように、参加条件が細かいことがよくあります。

そのため、自分の参加できる求人を上手に探す必要はあります。

インタビュー系

いわゆる「利用者の声」を集めるためのアンケートが、インタビュー系です。

商品のサービスモニター系をさらに発展させたタイプが多く、ビデオ会議ツールや対面によるインタビュー、座談会への参加など、口頭でのアンケート回答を行います。

約束の時間にインタビューへ参加したり、場合によっては指定場所を実際に訪れたりと、ほかの形式よりも手間がかかります。

その代わりに報酬は高く、時給換算で1000円を超えるケースも多めです。

また、実名や顔写真の公開ができる場合、より高額な報酬が受け取れる傾向にあります。

実験・調査参加系

ほかの3種類とは少し雰囲気の異なる求人が、実験・調査参加系アンケートモニターです。

大学などの研究機関が実施する実験や調査に参加し、所定の報酬を受け取ります。

例えば、脳波を測定しながら計算課題をこなしたり、Web上で図形を見つつ質問に回答したりと、求人ごとにまったく詳細が異なるのが特徴です。

比較的レアな仕事で募集を見つけるのは大変ですが、実験・調査参加系の中には時給で2000円を超えるような割りの良い仕事もあります。

見かけた場合には、ぜひ条件面をチェックしてみましょう。

アンケートモニターの利用方法は4パターン!働くまでの流れ

利用方法は、大きく以下の4パターンがあります。

  • ポイントサイト経由(例:げん玉、モッピー)
  • 特化サイト経由(例:マクロミル、リサーチパネル)
  • クラウドソーシング経由(例:ランサーズ、クラウドワークス)
  • アルバイト求人サイト

いずれの場合も利用の流れは共通で「サイトへの登録→モニター募集への応募→その場ですぐに回答or後日インタビュー等を行う」といった形式です。

ほぼすべてのケースで履歴書などは不要で、面接もありません。

サイト登録も身分証や振込先情報などを提出するのみで完了します。

また、タウンワークなどの求人サイトで、アンケートモニターの案件が募集されていることもありますが、この場合も事前の面接などは不要な形が一般的です。

アンケートモニターのバイトに関する疑問

最後に、アンケートモニターに関するよくある疑問について見ていきましょう。

年齢制限はある?

アンケートモニターのバイトでは、年齢制限の有無は求人ごとに異なります。

高校生でも参加できることもあれば「40代かつ2人以上の子どもがいる女性」のように条件が設定されているケースもあります。

全体として、単純回答系のアンケートモニターは年齢制限が少なく、インタビュー系は制限があるものが多い印象です。

普通のバイトよりも稼げる?

アンケートモニターは、瞬間的な時給だけを見れば、普通のバイトよりも稼げることもあります。

しかし前述の通り、同じ人が似た案件には何度も参加できないことから、継続的に稼ぐのは大変です。

10万円以上などまとまったお金が欲しい場合は、普通のバイトの方が優れているかもしれません。

2~3万円以下のようなお小遣い稼ぎとしては、とてもおすすめです。

できるだけ簡単に稼ぐコツは?

アンケートモニターで稼ぐコツは、ずばり案件の取捨選択です。

「5分以上かかるのに報酬5円や10円」のようなアンケートばかりを受けていては、なかなかお金も貯まりません。

おすすめは、できるだけ複数のサイトに登録しておき、効率の良いアンケートのみを受けていくことです。

限られた時間を有効に使って、時給1000円以上のような魅力的な募集を探していきましょう。

アンケートモニターのバイトは安全か危険か?まとめ

この記事ではアンケートモニターのバイトについて、安全性や危険性についてご紹介しました。

適切なサイトを選べば安全に副収入を得る手段となり、短時間かつ完全在宅で稼ぐことも可能な、自由度の高いバイトです。

安全性を確認するためには、サイトの運営実績を調べ、企業情報をチェックし、セキュリティ対策が施されているかを確かめることが重要です。

一方で、詐欺サイトの存在、初期費用の請求、個人情報の漏洩リスクなど、注意すべき危険性もあります。

サイトの評判やレビューを確認し、信頼できるサイト選びに努めることで、これらのリスクを最小限に抑えることができます。

安全なアンケートモニターとして活動するためには、慎重にサイトを選び、疑わしい条件の案件は避けるべきです。

一方で、連続での参加が難しいなど生活費をすべて稼ぐのには向いていません。

仕事内容は大きく4種類に分類されるので、まずはお好きな仕事から始めてみるといいでしょう。

ご紹介した内容を参考に、時給の良い案件だけを選んで効率的にお小遣いを稼いでください。

タイトルとURLをコピーしました