コンビニバイトで給料日はいつ?大手チェーンの締日や支払日を解説

コンビニ

コンビニバイトで働く上で、特に気になるのが給料日。

やっぱりお金のために働くわけですから、いつ給料がもらえるのか楽しみですよね。

では、コンビニバイトの給料日はいつ頃になっているのかご存じでしょうか?

実は、大手チェーン店によって若干違いがあります。

この記事ではコンビニバイトの給料日の詳細について、一般的な例やよくある質問をご紹介します。

コンビニバイトの給料日はいつ頃?

コンビニバイトの給料日は、勤務するコンビニのチェーンや店舗によって異なります。

一般的に、給料日は毎月一定の日に設定されていることが多く、給料日がコロコロ変わることはほとんどありません。

多くの場合、月末締めの翌月15日頃に支払われるケースが一般的です。

ですが、コンビニで多いのは以下のような締め日、支払日となっています。

大手チェーンの締め日や支払日

大手チェーンのコンビニバイトで締め日と給料日はどうなっているのでしょうか?

具体的な日付はオーナー次第で異なることもありますが、一般的な傾向は以下の通りです。

  • セブンイレブン:毎月15日〆、当月25日払い
  • ローソン:毎月15日〆、当月末日払い
  • ファミリーマート:毎月末日〆、翌月10日払い

これらはあくまで一般的な例であり、実際の支払日は勤務先の規定によります。

給料日が土日や祝日にあたる場合は、その前日や翌営業日に振り込まれることもあります。

また、給料日が気になる方は、コンビニバイトを始める際に確認することがあります。

給料の支払い条件(支払日、支払い方法など)は契約書や雇用契約で確認できるので、チェックすることが大切です。

万が一、不明な点があれば、事前に店長や人事担当者に確認しておくと良いでしょう。

これにより、給料の支払いに関する誤解を避けることができます。

支払い方法は主に3種類

コンビニバイトに限らず、バイトの給料の支払い方法は、一般的に「月・週・日払い」の3種類に分かれています。

まずはそれぞれの特徴から見ていきましょう。

月払い

もっとも一般的な形式が月払いです。

「月末締め&翌月25日に支払い」のように、1ヶ月分の給料がまとめて翌月などの指定日に支払われます。

ほとんどのコンビニバイトはこの形式を採用しており、支払い方法は銀行振り込みの形が一般的です。

なお、具体的にどの日を締め日にしてどの日に支払ってくれるのかは、チェーンや店舗によって異なります。

週払い

週払いは月払いと日払いの中間のような制度です。

例えば日曜日に、その週の月~日に働いたお金を受け取れるなど、1週間分ずつ給料が支払われます。

ただし、コンビニバイトで週払いが採用されているケースはほとんどありません。

例えば大手求人サイトで、東京のコンビニバイトの募集数に対し、そのうち週払いに対応した求人はゼロでした。

もちろん、検索するタイミングによってはあるかもしれませんが、ほとんどないと思っておいた方がいいでしょう。

日払い

日払いはその日働いたお金をその日に受け取れる嬉しい形式です。

勤務直後に手渡しされる形が主流で、そのままお金を持って帰れます。

残念ながら通常のコンビニバイトではほぼ採用されていないのが現状です。

但し、後述する1日だけのコンビニバイト(単発バイト)では、この日払い形式が一般的です。

給料日になっても入金されていない理由

口座番号の間違い

給料の支払いは、基本的に指定された銀行口座への振込みによって行われます。

この際、口座番号の一桁でも間違っていると、当然ながら給料は正しく振り込まれません。

口座番号は、自分で提出する情報なので、入力ミスや読み間違いが原因で誤った番号を伝えてしまうことがあります。

また、口座情報を更新したにも関わらず、その情報が雇用主に正しく伝わっていない場合もあります。

この問題に対処するためには、まず自分が提出した口座情報が正確であることを確認。

その後、必要に応じて雇用主や給与担当者に連絡して情報を再確認してもらうことが重要です。

間違いが発見された場合は、正しい情報を速やかに提供しましょう。

管理上の手違い

給料の支払い遅延の一般的な原因は、管理上の手違いです。

これには、給与計算のミスや給与データの入力遅延、システムトラブルなどが含まれます。

特に、人事や給与計算を担当する部署での業務量が多い場合や、給与計算システムへのアップデートが行われている場合などは、誤りが生じやすくなります。

管理上の手違いが疑われる場合は、給与担当者に直接問い合わせて状況を確認することが有効です。

多くの場合、問題が明らかになれば迅速に対応され、給料の支払いが行われます。

経営上の問題

給料の支払いが遅れる一つの大きな原因として、経営上の問題が挙げられます。

コンビニの運営はフランチャイズオーナーによることが多く、店舗によっては経営が厳しい状況にあることがあります。

資金繰りが悪化している場合、給料の支払いに影響が出る可能性があり、これが入金遅延の原因となることがあります。

このような状況に遭遇した場合、まずはオーナーや店長に給料の支払い状況について確認することが大切です。

経営状態について正直な説明を求め、給料支払いの見込みについて具体的な情報を得ることが重要です。

解決に向けての具体的な計画がない場合や、状況が改善されない場合は、労働基準監督署への相談を検討する必要があります。

計算した金額が振り込まれていない場合

給料に関しては、特にアルバイト初心者にとって気になるポイントの一つです。

給料は働いた分の対価であり、正確な計算と適時の支払いが期待されます。

しかし、時には計算した金額と実際に振り込まれた金額に差が生じることがあります。

このような状況に直面した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

勤務記録をチェック

まずは 自分の勤務記録を確認する所から始めます。

給料の不一致が発生した場合、まず自分の勤務記録を確認します。

勤務時間、残業時間、休憩時間など、自分が記録している勤務データと給料の計算基準を照らし合わせてみましょう。

時には、勤務シフトの変更や休憩時間の扱いに誤解がある場合があります。

給与明細をチェックする

給与明細には、勤務時間、時給、残業代、控除項目など、給料計算の詳細が記載されています。

計算ミスや勤務時間の入力ミスがないか、明細をよく確認しましょう。

勤務記録と給与明細を確認した上で、まだ疑問点が解消されない場合は、店長や人事担当者に相談します。

誤りがあった場合、多くのコンビニでは迅速に対応してくれます。

相談の際は、自分の勤務記録や給与明細を持参し、具体的な疑問点を明確に伝えるとスムーズです。

それでも解消されない場合は、労働基準監督署への相談を検討します。

労働基準監督署は、労働者の権利を守るための公的な機関であり、労働条件に関する相談に応じてくれます。

給料の計算や支払いに誤りがある場合、多くは単純なミスや誤解が原因です。

しかし、自分の権利を守るためにも、適切な対処をすることが大切です。

正しい情報を基に、冷静かつ適切な方法で問題を解決しましょう。

コンビニバイトの給料に関するよくある疑問

続けて、コンビニバイトの給料にまつわるよくある疑問を見ていきましょう。

給料は何時頃に振込される?

通常は給料日当日の深夜~早朝にかけて振り込まれ、朝一にはATMから引き出せます。

「給料は給料日当日の10時までに労働者が引き出せるようにしておくべき」という、労働省による指針が存在するためです。

ただし、この10時までという時間は法的な義務ではありません。

また、銀行システムのエラーなどで遅れてしまうケースもあります。

給料日の夕方になっても振り込まれていなければ、店長に相談してみましょう。

給料日が土日祝日の場合はいつ入金?

給料日が土日祝に該当する場合は、その前後の日に受け取れる決まりです。

例えば25日が土曜日であれば、24日(金)か27日(月)の支払いです。

とはいえ実際には「月末が給料日の場合は翌月に後ろ倒ししてはならない」などのルールがあります。

よって、ほとんどの店舗では土日祝よりも前倒し(上記の例で言えば24日)で支払われます。

振込手数料は引かれる?

給料の振込時に発生する手数料については、原則として雇用主が負担することになっています。

つまり、労働者の受け取る給料から振込手数料を差し引くことは、通常はありません。

しかし、雇用契約や労働条件通知書において、振込手数料の取り扱いについて特別な規定が設けられている場合があります。

振込手数料の扱いについて不明な点がある場合や、給料から不当に手数料が引かれていると感じた場合は、まずは店長や人事担当者に確認を取ることが重要です。

説明が不十分である場合や納得できない場合は、労働契約や労働基準法の観点から、法律の専門家に相談することをお勧めします。

コンビニ以外でバイトの給料日は何日が多い?

コンビニに限らずバイトの給料日は、10日・15日・25日・末日のいずれかが一般的です。

ただし上述の通り、具体的な締め日と給料日は店舗ごとに異なるため、面接時に確認しておきましょう。

1日(単発)のコンビニバイトの給料日はいつ?

1日だけの単発コンビニバイトの場合は、利用するサービスによって、給料日や受け渡し方法が異なります。

例えば橋本環奈さんのCMで有名なタイミーは、毎月15日を給料日に前月分を一括で支払ってくれます。

(日払いとして使える無料の即時振込制度もあり)

一方で、同じく単発バイト紹介サービスの「ショットワークスコンビニ」では、その場でその日の賃金を現金手渡ししてくれる求人が一般的です。

まずは、自分の利用するサービスのルールを調べておきましょう。

コンビニバイトで給料日はいつ?まとめ

この記事ではコンビニバイトの給料日について、基本的な形式やよくある疑問をご紹介しました。

通常のコンビニバイトであれば、15日締めの月末払いなどの給料日が主流です。

一方で、単発のコンビニバイトでは、当日手渡しなどの日払いがよく活用されています。

ただし、具体的な給料日や時給は採用される店舗によって異なります。

後からトラブルにならないために、面接時や働き始めた直後に、店長へ一度確認しておきましょう。

また、給料の入金遅延に直面した場合は、焦らずにまず原因を探り、適切な対応を取ることが大切です。

口座番号の間違いや管理上の手違いは比較的簡単に解決できる問題ですので、冷静に対処しましょう。

給料の支払いに関するトラブルは、コミュニケーションを通じて解決することが多いため、問題を抱え込まず、適切な相手に相談することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました