コンビニバイトでダイエット!10キロ痩せる人もいるって本当?

コンビニ

バイトをしながらダイエットをしたい、と考えている方は増えてきています。

バイトの時間がダイエットになるのであれば、一石二鳥となり最高ですよね。

コンビニバイトがダイエットにも効果的かどうかは、皆さん意外と気になるところです。

実際、体を動かす作業が多く含まれているため、適度な運動としての側面も持ち合わせています。

ですが、そう簡単に上手くいくのでしょうか?

ここでは、コンビニのバイトがダイエットにどのように役立つか、具体的な仕事内容を踏まえながら探っていきましょう。

コンビニバイトでダイエット向けで痩せやすい?

コンビニでの勤務は、一見すると接客業務が中心に思えます。

しかし、実際は商品の陳列、清掃、ゴミ捨てなど、体を動かす作業が意外と多く含まれています。

これらの仕事は、日常的な運動不足を補うのに一役買ってくれるかもしれません。

特に、フルタイムで勤務する場合や、忙しい店舗に配属されると、1日を通じてかなりのカロリーを消費することになります。

例えば、体を動かす仕事としては以下のような仕事があります。

ゴミ捨て

ゴミ捨ては、店内外の清掃と並んで日常的に行われる仕事の一つ。

重たいゴミ袋を持ち運んだり、ゴミ箱の周りを清掃したりと、意外と体力を要する作業です。

このような作業は、腕や脚の筋肉を使うため、適度な筋力トレーニングにもなり得ます。

また、ゴミ捨てを含む清掃作業は、立ち仕事の合間に行われることが多いため、長時間同じ姿勢でいることによる体の疲れを和らげる効果も期待できます。

掃除

コンビニでの掃除作業は、床の掃き拭きから棚のほこり取りまで、多岐にわたります。

体のさまざまな部位を使うため、運動効果が期待でき、床を掃く動作は腕や背中の筋肉を使い、拭き掃除は腕の伸縮運動になります。

さらに、掃除機をかける際には、歩き回ることによって脚の筋肉も鍛えられます。

清掃の仕事は、心拍数を上げることなくカロリーを消費し、ダイエットに貢献する可能性があります。

陳列作業

陳列作業もまた、コンビニバイトにおける主要な体を動かす業務の一つです。

商品の補充や新商品のディスプレイ作成など、陳列作業は意外と体力を要します。

重い商品箱を運んだり、商品を棚に並べる動作は、上半身の筋肉を中心に全身を動かすことになり、筋力アップに役立ちます。

また、しゃがんだり伸びたりする動作は、柔軟性と筋力を同時に鍛える効果があり、これら全てが適度な運動量に貢献します。

ただし、ダイエット効果を期待するなら、勤務中の活動量だけでなく、食生活やその他の生活習慣も合わせて見直すことが重要です。

コンビニバイトでダイエットは厳しい可能性が高い

残念ながら、コンビニバイトをダイエット目的でするのなら、痩せるのは厳しいかもしれません。

一般的に、体を動かすことはカロリー消費に繋がり、結果として体重減少に役立つと考えられます。

じゃあコンビニバイトは痩せやすい部類に入るのでは?と思ってしまうでしょう。

しかし、実際は勤務中に消費するカロリー量が、摂取カロリー量に比べてそれほど大きくない場合が多いです。

例えば、コンビニでの勤務中に提供される食事や、休憩中に手軽に食べられるスナック類は、高カロリーであることが少なくありません。

このような食生活が続くと、勤務中に活動的であっても、それによるカロリー消費を上回るカロリーを摂取してしまう可能性があります。

立ち仕事なので痩せやすいのでは?

立ち仕事は、座っている仕事に比べてカロリー消費が多いと言われています。

コンビニも立ち仕事の一種であり、商品の陳列、清掃、レジ対応など、一日中立って動き回ることが多いため、一定のカロリー消費は期待できます。

しかし、立ち仕事によるカロリー消費量がダイエットに顕著な効果をもたらすかどうかは、その人の体質や他の生活習慣にも左右されます。

例えば、勤務以外の時間に運動習慣がなかったり、食生活が不規則だったりすると、立ち仕事の効果も薄れがちです。

コンビニバイトの消費カロリー

バイト中に消費されるカロリーは、具体的な仕事内容や勤務時間、そして個人の体質や活動レベルによって異なります。

コンビニでの勤務中、レジ操作、商品の補充、棚の整理、清掃などの活動を行うことで、静坐生活に比べて追加でカロリーを消費することになります。

細かなカロリー計算は、専用のサイトがあるのでチェックしてみるといいでしょう。

詳細:消費カロリーチェック

コンビニの仕事は軽い有酸素運動に近い形でエネルギーを消費し、ダイエットに一定の効果をもたらす可能性はあります。

最終的にはあなた次第、という部分が大きいので、結局はダイエットを成功させるという強い気持ちが大切になってきます。

コンビニバイトがダイエットに向いていない理由

食品が多い為


コンビニバイトの最大の課題の一つは、常に多種多様な食品に囲まれている環境にあります。

新商品や限定商品、美味しそうなスナックやスイーツなど、誘惑は絶えません。

特に、勤務中の空き時間や休憩時間に、これらの商品を試食する機会がある場合、カロリー摂取量が意識せずに増加してしまう可能性があります。

さらに、割引された食品を購入する機会が多いため、経済的なメリットから高カロリーな食品を摂取しやすい状況になりがちです。

このような環境は、ダイエットを意識している人にとっては、大きな誘惑となり、目標達成を難しくします。

深夜は生活リズムが崩れる為

深夜勤務は、コンビニバイト特有のシフトパターンの一つです。

しかし、このような不規則な勤務時間は生活リズムを乱し、ダイエットに悪影響を及ぼすことがあります。

人の体は、夜間に休息を取り、昼間に活動するリズムに最適化されていますが、深夜勤務はこの自然なリズムに反しています。

生活リズムが乱れると、睡眠の質が低下しホルモンバランスが崩れることで、食欲が増加したり、体重が増加しやすい状態になったりします。

また、不規則な生活は、ストレスの原因にもなり得るため、食べ過ぎや不健康な食生活に走りがちになります。

廃棄がもらえる場合

コンビニでは、賞味期限が迫った商品を従業員が持ち帰ることができる場合があります。

これは一見すると魅力的な福利厚生のように見えますが、ダイエットを目指している人にとっては大きな誘惑になります。

特に、高カロリーの食品やお弁当、スイーツなど普段なら避けるような商品も廃棄対象となることがあります。

これらを無料で手に入れることができると、ついつい持って帰って食べ過ぎてしまうリスクが高まります。

結果として、カロリー摂取量が増加し、ダイエットの妨げになってしまうことがあります。

その他ダイエットに向いていない仕事

ダイエットに向いていないとされるバイトが飲食店です。

この理由は、主に食べ物への常時の接触と、不規則な勤務時間にあります。

飲食店での仕事は、調理の準備や提供、清掃なども含まれますが、食品の誘惑に常にさらされることが、ダイエットの大きな妨げとなることがあります。

特に、まかないや割引で食事を提供される場合、高カロリーの食品を摂取しやすくなり、体重管理が難しくなります。

また、シフト制で夜遅くまで働くことが多いため、生活リズムが乱れ、睡眠不足による体重増加のリスクも高まります。

最終的には、個人の意志の強さや、外部環境に対する対処能力が、ダイエット成功の鍵となります。

コンビニバイトでダイエットする為に必要なこと

食事制限が必須

ダイエットにおいて、運動や活動量の増加も重要ですが、成功の鍵を握るのはやはり食事制限です。

体重を減らすためには、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすことが基本となります。

そしてコンビニバイト中には、健康的な食品選びや摂取カロリーの管理が特に重要になります。

廃棄商品の誘惑に負けず、バランスの取れた食事を心がけること、高カロリーな食品を避けることが、ダイエット成功への道を開きます。

廃棄商品の誘惑に対抗するためには、自分自身に厳しい規律を課し、健康的な食品を選んで食べることが肝要です。

また、空腹感を感じたときには、低カロリーの食品や食事に置き換えられるものを選ぶことが推奨されます。

コンビニバイトが、ダイエットに直接向いているわけではないかもしれません。

しかし、食事制限と健康的なライフスタイルを意識することで、ダイエットを成功させることは可能です。

重要なのは、日々の選択が結果痩せることにつながるよう、意識的な努力を続けることです。

実際、コンビニバイトをしながら10キロダイエットに成功した方もいるようですが、ここまでの道のりはかなり辛いかもしれません。

積極的に仕事をする

ダイエットを目的とした場合、コンビニバイトでの消費カロリーを最大化するには、仕事に積極的に取り組むことが重要です。

例えば、商品の補充や整理を行う際には、できるだけ速く動くよう心がける。

重い商品を運ぶ際には正しい姿勢で力を入れることで、より多くのカロリーを消費することができます。

また、清掃作業を通じて、積極的に動くことも効果的です。

床を掃く、拭く、商品棚を拭き清めるなどの作業は、体全体を使うため、消費カロリーの増加に繋がります。

プライベートも改善する

ダイエット効果を高めるためには、仕事中だけでなく、プライベートも重要。

基本コンビニだけをあてにするダイエットはNGです。特に重要なのが食事。

バランスの取れた食事を心がけ、定期的な運動習慣を維持することが大切です。

また、十分な水分補給と適切な休息も、体重管理には欠かせません。

全体的なライフスタイルの改善が、成功への鍵となります。

コンビニ以外でダイエットに向いているバイトは?

ポスティング

ポスティングのバイトは、チラシや広告物を住宅やビルに配布する仕事です。

このバイトの最大の特徴は、一日の大部分を歩き回ることになる点です。

長時間歩くことは、有酸素運動として高いダイエット効果が期待でき、特に脂肪燃焼に効果的です。

さらに、階段の上り下りが含まれる場合も多く、下半身の筋力アップにもつながります。

ポスティングは、定期的な運動が難しい人にとっても、日常的に体を動かす良い機会となり得ます。

スーパーの品出し

スーパーでの品出しバイトも、ダイエットに適した仕事の一つです。

このバイトでは、商品を倉庫から店舗内の適切な場所に運び、陳列する作業が主となります。

このプロセスには、商品を持ち運ぶための重量物の取り扱いや、店舗内を行き来することが含まれ、結果として多くのカロリーを消費します。

特に、大型のスーパーでは、一日に歩く距離が相当になるため、カロリー消費量はさらに増えることが予想されます。

また、品出し作業は全身の筋肉を使うため、筋力の向上にも寄与します。

引っ越し

引っ越しのバイトは、その物理的な要求の高さからダイエットに非常に有効です。

重い家具や段ボール箱を運ぶことが日常茶飯事であり、これらの活動は全身の筋肉を使います。

特に、腕、背中、脚などの大きな筋群を動かすことが多く、筋肉量の増加と脂肪の燃焼を促進します。

また、引っ越し作業は持続的な運動であるため、有酸素運動の効果も期待でき、体の代謝率を上げることにより、長期的にダイエットに寄与する可能性があります。

配達員(自転車)

自転車を使った配達員の仕事も、ダイエットに効果的なバイトの一つです。

この仕事では、一日中自転車に乗って様々な場所に荷物を配達するため、特に下半身の運動が中心となります。

自転車配達は、持続的なカロリー消費を伴うため、体脂肪の減少に直接的に貢献します。

また、自転車に乗ることは心臓にも良い運動であり、心肺機能の向上も期待できます。

さらに、自転車配達は屋外で行われるため、新鮮な空気を吸いながら仕事ができるのも魅力の一つです。

新聞配達やウーバーイーツなどの仕事が該当します。

常に忙しいバイト

ダイエットに適しているバイトには、常に忙しく体を動かし続ける必要がある仕事が挙げられます。

この種のバイトでは、立ち仕事はもちろん、商品の補充、整理整頓、掃除など、様々な物理的活動を行います。

これにより、日常的にかなりのカロリーを消費することが可能となり、結果として体重管理に役立つことが期待できます。

例えば、倉庫作業や郵便物の仕分け、大型店舗での品出し作業などが、このカテゴリーに含まれます。

これらのバイトは、定期的な運動の一環として、またはジムに通う時間がない人にとって、効果的なダイエット手段となり得ます。

コンビニバイトでダイエットのまとめ

コンビニバイトは、一定の運動量を必要とするため、ダイエットに一部効果的な面があります。

商品の陳列や清掃などは、体を動かす作業となりカロリー消費を促します。

ですが、食品への誘惑や不規則なシフトによる生活リズムの乱れは、ダイエットの妨げとなる可能性も指摘されています。

よって、ダイエット効果を実感するには、コンビニの仕事以外で食生活の管理、生活習慣の見直しも必要です。

コンビニバイトをダイエットの一環と考える場合、全体的なライフスタイルを総合的に考慮することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました