コンビニバイトの選び方!あなたにぴったりの店を見つけるコツ

コンビニ

コンビニのバイトを探すとき、たくさんの店舗があるため、選び方で迷うことはよくあります。

もしコンビニでバイトをするなら、自分に合った店で働きたいですよね。

人によって、楽な仕事を望む人もいれば、楽しく仕事ができる環境を求める人もいます。

バイトの選び方で大切なのは「何を重視してバイトするか」をよく考えることです。

この点をしっかりと考えておかないと、働き始めてから後悔するかもしれません。

そこでこの記事では、自分にピッタリのコンビニバイトを見つける為の選び方についてお伝えします。

コンビニバイトの選び方のコツ

働く目的で探す

コンビニのバイトは地域に関わらず多くの募集があるため、数多くのバイトの中でも特に選び方が難しい職種の一つです。

コンビニバイトで理想的な勤務地を探すには、まず「どのような雰囲気で働く」かをはっきりさせることが肝心です。

例として

  • 通勤時間が短く、効率的な職場で働きたい
  • 厳格な態度が求められない職場で働きたい
  • あまり忙しくない緩やかな仕事環境を望む
  • 好きなセブンイレブンで働きたい
  • 厳しい環境で今後に役立つ独特のスキルを学びたい
  • 多くの同僚と交流し、新しい人間関係を築きたい
  • 深夜中心に入って時給を重視したい
  • シフトの柔軟性が高く、副業に適した職場を探す

このように自分の重視するポイントを把握すれば、選択肢を絞ることができます。

なぜコンビニバイトを選ぶのか、何を求めているのかをはっきりとさせましょう。

しかし、具体的な希望がない場合はどうすればよいでしょうか。

バイトは難しそうなイメージがあるので、身近なコンビニでバイトを始めてみよう、と思っている人もいるでしょう。

また初めてのバイトで、どのような店舗がいいかわからない、という場合もあります。

その際は、通勤時間と時給のバランスを基準にした選び方をしましょう。

他には、自分が特にストレスを感じる点を挙げ、時給とのバランスを考えてみるのもいいでしょう。

そうすることで、ある程度ご自身にあった基準を設定できます。

魅力的な求人をピックアップする

自分が優先したい点が決まったら、大手の求人サイトを利用して、ご自身にとって魅力的なコンビニバイトを一度探してください。

この時、詳細検索を使って絞り込むのがコツとなります。

例えば地域や時給、週に何回入れるか、勤務時間などを設定して検索します。

その中より「ここなら働けるかも」と感じるコンビニを選び出してみましょう。

最近ではダブルワーク歓迎など、特殊な条件でも検索可能なサービスが多くなっています。

また、募集要項を注意深く目を通しましょう。

ちなみに、バイトを探す場合は求人サイトだけではありません。

コンビニの店内に「バイト募集中」といった告知をしているケースも。

もし求人サイトで見つからない場合、希望する店舗があれば、直接訪れて確認するのも良い方法です。

事前に店を訪問して確認する

気になるコンビニを選んだら、応募する前にその店舗を訪れてみてください。

従業員の外見、表情、態度、忙しさを観察することで、自分が求める職場かどうかを再確認できます。

主に注目すべきポイントは以下の通りです。

  • 従業員の外見や態度
  • 客層や店の混雑状況
  • オーナーの印象

出来れば複数回、コンビニの調査に行くとより正確な判断ができます。

特に、働きたい時間帯に訪問して確認することが重要です。

候補を事前にいくつか見つけておき、繰り返し訪れて他のコンビニと比べてみましょう。

実際に店に行くだけでは完全な状況はわかりませんが、確認することで役立つ情報を得られるでしょう。

店舗情報を検索

店舗の確認を終えたら、応募する前にもう一つ重要なステップがあります。

一度ネットを通じて、該当する店舗の情報を事前に調査することです。

理由として、実際にその場で働いた経験がなければわからないことが多いからです。

周囲にその店舗で働いた経験がある人がいればその人から聞くだけでいいでしょう。

しかし、実際はそう簡単に見つけることはできない場合の方が多いでしょう。

よって、気になるコンビニを見つけたとしても、すぐに応募するのは控えておきましょう。

先にネットを活用して、店舗に関する情報を収集することが働きたいコンビニの選び方として肝心です。

ヤフーなど検索エンジンで店舗名や住所を調べると情報が出てきます。

但し小規模な店舗の場合、情報が見つからないこともありますので、その場合は仕方ありません。

しかし、ネガティブな評判などがあれば、SNSなどで店舗名が言及されている可能性があります。

少し面倒かもしれませんが、ネットで評判や噂を調べることは、コンビニバイトの選び方で意外と重要です。

働きたいと思ったら応募する

希望するコンビニを絞り込んだら、求人サイトより応募してみましょう。

電話をかけて応募するのもいいですし、web応募より面接の日時を予約をしてもいいでしょう。

オンライン申し込みの場合、通常は相手から連絡が来ることが多いです。

おすすめとしては、電話で応募することです。電話だと、現在バイトは募集中か面接の日時はいつになるか、など即時に把握することが出来ます。

また、面接の予約の電話で相手の話し方や返答が無礼だったら、その場でキャンセルするのが良いでしょう。

無理して応募しても、働いた後の人間関係に不安が残ります。

応募後は面接が待っていますが、最終的に採用される為にも面接の練習などをして準備をすることが大切です。

コンビニバイトの選び方でお勧めの方法

コンビニバイトを選ぶ際に、重視すべき大きな要素があります。

これらの要素を正しく評価することで、満足のいくコンビニバイトの選び方が可能になります。

時給を重視する

バイトの主な動機は収入です。高い時給は、働く満足度を上げ、多くの不満を相殺する可能性があります。

コンビニバイトの時給は一般的に低めですが、少しの差が年間で見ると大きな違いになります。

例えば、時給が他の店舗より20円高いだけでも、1年間で考えれば、その差は大きくなります。

そのため、僅かでも高い時給を提供する店舗の選び方をすることは、長期的に見て賢明な選択です。

しかし働く環境も重要なので、時給だけでなくバイト先の人間関係など、バイトをする環境が良いかどうかまで考慮して店舗を比較しましょう。

通勤距離で選ぶ

通勤の便利さも、アルバイトの選び方において重要な要素です。

家や学校から近い店舗は、通勤の手間が少なく、生活に溶け込みやすいです。

しかし、地元から離れて働きたいという人もいますので、一概に近さが最良とは限りませんが、通勤距離は短い方がおすすめ。

片道40分かかる店舗と片道5分の店舗では、往復でかかる時間に大きな違いがあります。

遠い店舗では通勤にかかる時間が無駄に感じられることもあり「時給換算」の事を考えると満足度が下がることもあります。

身だしなみが緩い店舗

自分のスタイルにこだわりがある場合、職場の服装規定を確認することは必須です。

最近のコンビニバイトでは「服装自由」や「髪型自由」といった条件が明記されていることも多いです。

もし募集要項にこのような記載がない場合は、実際に店舗を訪れて従業員の服装を確認しましょう。

自分が好きなファッションをしても注意されないような、快適な職場を選ぶことが、バイト生活の満足度を高めます。

但し、あまりにも奇抜なファッションなど、コンビニ従業員のイメージを超えているような場合は服装自由と謳ってる店舗でも断られるケースもあるので、気を付けましょう。

関連ページ:コンビニバイトで髪色や髪型は自由で緩い傾向となっている?

従業員の人間関係が良好

実際に働く従業員の様子を見て、彼らがあまりにも個性的でないかを知っておくことも大切です。

従業員の外見や態度、言葉遣いなどから職場の雰囲気を読み取り「この人たちと一緒に楽しく働けるだろうか」と考えましょう。

人間関係の悪い職場の特徴として、バイト中なのにオーナーが従業員に大声で注意している、活気がないなどが挙げられます。

特に店長の人柄が職場の雰囲気に大きな影響を与えます。

コンビニの場合、店長がオーナーであることが多く、その人次第で職場の環境が大きく変わります。

店長が働きやすい環境を作っていれば、バイトの満足度も高まるでしょう。

よって上述した通り、まずは事前に店を訪問して確認するといいでしょう。

制服で選ぶ

コンビニバイトを選ぶ際のコツで、着たい制服で選ぶというのもおすすめです。

実際、コンビニの制服は働く上で毎日身に着けるものであり、自分が快適に感じるデザインを選ぶことは、楽しく働くための重要な要素となります。

コンビニの制服は、そのブランドイメージを反映しています。

例えば、ローソンだと青色のストライプで、セブンイレブンだと緑を基調とした制服を採用しています。

その他、制服の快適さも重要なポイントです。一日中動き回るコンビニの仕事では、動きやすさや素材の質感が重要になってきます。

試着する機会があれば、制服のフィット感や素材を確かめてみると良いでしょう。

自分の好みや個性に合った制服を選ぶことが、充実したバイトライフを送るためのカギとなります。

コンビニチェーンの違いは気にしない

上述した制服でコンビニを選ぶことを除き、もしこだわりがない場合は、選び方としてチェーン店に固執する必要はありません。

たまに「セブンイレブンの方が働きやすい」とか「ローソンの方が時給がいい」などネット上で評判を見る機会もあると思います。

しかし重要なのは、上述した通り店の雰囲気や店長の人柄です。

魅力的なオーナーのもとであれば、充実したバイト生活が送れるでしょう。

ただし、チェーン店によって業務内容が若干異なるため、自分に合った仕事を選ぶことも大切です。

きつくないコンビニでバイトをしたい場合

コンビニのバイト先を選ぶ際、忙しさやストレスレベルを考慮することは大切です。

では、比較的きつくない環境のコンビニをどのようにすると見つけることができるでしょうか?

忙しい場所は避ける

駅の近くや大型商業施設の近隣は、絶え間なく人の流れがあるため、きつい仕事が嫌ならば避けましょう。

これらの場所では、特にラッシュ時に顧客の波があり、忙しさがピークに達しきついと感じやすくなります。

繁華街や飲み屋街も同様で、夜遅くまで客足が絶えません。特に週末は酔っぱらい客が多く、対応に追われる可能性があります。

ゆったりした時間帯を狙う

一般的には、深夜から早朝にかけては客足が減り、比較的落ち着いた時間帯になります。

これらの時間帯で勤務できる場合、きつくない穏やかな環境で働くことが可能です。

住宅地やオフィス街のコンビニは、日中でも比較的落ち着いており、忙しさが少ない傾向にあります。

また深夜の時間帯は時給がアップするので、コンビニバイトで稼ぎたいと考えている方にとって、選び方としても最適でしょう。

混雑の少ない場所を選ぶ

大型レジャー施設の周辺や観光地は、特定の時間帯やシーズンに人が集中しやすくなっています。

なので、きつくないコンビニでバイトをしたい場合は、総合的に見て忙しさが少ない場所を選ぶことが重要です。

地域によっては、静かな住宅街に位置するコンビニなど、客足が少ない場所も見つけることができます。

コンビニを選ぶ際には立地や時間帯、地域の特性を考慮して、自分に合った働きやすい環境を選ぶことが大切です。

ストレスを最小限に抑えながら、快適なアルバイト生活を送るためには、これらのポイントを参考にしてみてください。

実際に働いてから分かる部分も多い

コンビニバイト先を探す際、いくら事前に情報を集めても、実際に働いてみなければわからないことが多いです。

たとえば、職場の雰囲気、同僚との関係、上司の性格など、実務を体験するまでは判明しません。

もし一度選んだバイトが思い通りでなかった場合、新しいバイトに挑戦するのも一つの選択肢です。

バイトは比較的辞めやすい性質を持っているので、さまざまな職場を経験することは、社会に出た後の貴重な経験になります。

ただ、厳しい環境でのアルバイト経験は、将来的にも大きな財産となりえます。

しかし、何より大切なのは、まずはバイトをして経験を積むことでしょう。

経験を通じて、自分にとって最適な職場かどうかを判断することができます。

コンビニバイトの選び方まとめ

コンビニバイトの選び方のコツや方法について詳しく紹介しました。

多くの選択肢がある中で、自分に合ったコンビニバイト先を見つけるためには、事前の情報収集が重要です。

実際にバイトをしたいコンビニを訪れ、環境や従業員の様子を自分の目で確かめることが肝心です。

理想のバイト先を見つけたい場合は、この記事のアドバイスを参考にして、挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました