コンビニバイトは田舎だと暇?メリットやデメリットを解説!

コンビニ

コンビニは都会だけではなく、田舎にも様々なチェーン店のコンビニがあります。

そしてコンビニバイトは特に初心者にも優しい職場として知られ、年齢さえ満たせば気軽に応募が可能です。

では、田舎のコンビニバイトは暇と聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

暇で楽なバイトを求める人にとって、この疑問は重要です。

本記事では、田舎のコンビニバイトの実情、メリットやデメリットについてご紹介します。

コンビニバイトで田舎は楽な時間が多い?

コンビニバイトをするなら特に田舎だと「気楽で時間が余る」という話を聞いたことがる方もいるでしょう。

では、実情と合致しているのでしょうか?

答えとしては、都市部と比較すれば、やはり田舎は暇な時間が多い傾向となっています。

なので、本当の部分もありますが、実際は異なる部分もあるというのが現状です。

都市部のコンビニと田舎のコンビニとでは、明らかな差異が存在します。

都市部のコンビニはほぼ全てが24時間体制で、夜中でも客足は絶え間なく続きます。

一方、田舎のコンビニでかなり暇なお店もありますが、田舎でも賑わいのある地域のコンビニでは、昼夜問わず忙しいお店も存在します。

但し、夜間のシフトは比較的暇な時間が多い傾向となっているので、作業量も必然と減少するような感じです。

ですが、コンビニで田舎のバイトは客数が減り、基本的な業務が済めば追加の仕事がほとんどなくなるため、基本的に楽で暇と感じることが多いです。

コンビニバイトで田舎と都会の主な違い

通勤手段や通勤時間

田舎のコンビニバイトでは、通勤手段や通勤時間に特徴があります。

一般的に田舎では人口密度が低く、住宅と職場との距離が都会に比べて遠くなる傾向にあります。

このため、通勤には自転車、原付、または自動車を利用することが一般的です。

特に、公共交通機関の利用が難しい地域では、車が唯一の通勤手段となることも少なくありません。

田舎ではコンビニまでの距離が長い場合がある、通勤にかかる時間も長くなることが多々あります。

一方で、都会のコンビニバイトでは、通勤手段に異なる特徴が見られます。

都市部では公共交通機関のアクセスが良好であり、多くのバイトは電車やバスを利用して通勤します。

これは、都会の交通渋滞や駐車スペースの不足などを考慮すると、非常に合理的な選択と言えます。

また、都会ではコンビニ自体の数が多く、住宅地から近い場所に店舗があることが多いため、通勤時間が短縮される傾向にあります。

短い通勤時間は、都会でバイトをする魅力の一つと言えるでしょう。

営業時間

田舎のコンビニでは、営業時間が都会のコンビニとは異なることがよくあります。

田舎では、客足が少ないため、一部の店舗では24時間営業を行っていないことがあります。

これは、深夜に利用客がほとんどいないため、経済的に24時間営業を維持するメリットが少ないためです。

その結果、田舎のコンビニでは、朝早く開店して夕方や夜早めに閉店するパターンが一般的です。

対照的に、都会のコンビニはほぼ全てが24時間営業です。

都市部では、深夜でも多くの人々が活動しており、夜間の需要も高いため、終夜営業が一般的です。

都会では、深夜帯でも利用客が途絶えることは少なく、そのためにアルバイトのシフトも多様になります。

夜勤の違い

一般的には静かで落ち着いた時間を田舎のコンビニでは過ごすことができます。

夜間の顧客が少ないため、この時間帯の主な業務は在庫管理や清掃、翌日の準備などになることが多いです。

都会のコンビニでの夜勤は、田舎とは大きく異なります。

深夜でも顧客が絶えず訪れるため、夜間は比較的忙しく、時には昼間と同じくらいの忙しさを経験することもあります。

夜勤でもレジ対応、商品の補充、清掃などが主な業務となりますが、特に繁華街や交通の要所に位置するコンビニでは、深夜でもかなりの数の顧客が訪れます。

求人状況

コンビニにおける求人状況は、田舎と都会を比較すると特有の傾向が見られます。

田舎では人口密度が低いため、コンビニの数自体が少なく、それに伴いコンビニバイトの数も限られています。

しかし、バイトを希望する人の数も比較的少ないため、求人が出た際には比較的応募しやすい環境があります。

都会のコンビニは逆に人口密度が高く、コンビニの数も多いため求人の数も豊富です。

都会では様々な理由でバイト探しをしている人が多いため、求人に対する応募競争が激しくなることがあります。

しかしその分、シフトの選択肢が広がり、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしやすくなるというメリットもあります。

ピークタイム

田舎のコンビニは、ピークタイムは通常、朝の通勤時間帯や夕方の帰宅時間帯に集中します。

田舎では自動車を利用する人が多いため、通勤や買い物の途中にコンビニを利用する人が多くなります。

このため、朝や夕方は一時的に忙しくなることがありますが、日中は比較的落ち着いた状況が続くことが一般的です。

都会のコンビニのピークタイムは、田舎とは異なる特徴があります。

都会では通勤客や買い物客が一日中訪れるため、ピークタイムが明確に分かれにくいことがあります。

特に、オフィス街や繁華街に位置するコンビニでは、昼休みや夕方の帰宅時間帯に特に混雑します。

また、深夜でも人通りが途切れない地域では、夜間もピークタイムとなることがあります。

ワンオペについて

日中や深夜帯において、田舎のコンビニではワンオペが頻繁に行われることがあります。

暇な時間帯が長いため、店舗運営の効率化を図るためにワンオペで店舗を管理することが多くなります。

ワンオペの時間帯は、客足が少ないため比較的落ち着いて業務をこなすことが可能ですが、緊急時の対応やセキュリティ面での不安が伴うこともあります。

都会では一般的にワンオペが少なく、複数のスタッフが同時に働いていることが多いです。

客足が一定しており、ピークタイムには多くの客が訪れるため、一人で店舗を管理することは困難です。

そのため、都会のコンビニでは、複数のスタッフがシフトに入って業務を分担します。

仕事内容

コンビニの仕事内容は、郊外と都市部間と比べても異なる部分はありません。

基本的に仕事内容として、レジ業務、品出し、清掃が挙げられます。

店舗により些細な違いは存在しますが、基本的には上記の業務が中心です。

初めは業務内容が限られているように見えますが、各タスクの量はかなり多く、細部に至るまで注意が必要なため、完全に慣れるまでには一定の時間と労力を要します。

また夜間シフトでは、暇な時間も多いので基本的に掃除が中心となる場合があります。

例として、専用の機械をを使って床を綺麗にする、フライヤーなどの機械を徹底的に綺麗にすることが、夜の時間帯では主な業務となります。

当然、商品の陳列や補充などの他の業務もあります。

コンビニバイトを田舎でするメリットやデメリット

ワンオペが楽なお店もある

田舎のコンビニでのワンオペ(一人での店舗運営)は、比較的楽な場合があります。

深夜以外でも、昼間において客足が比較的少ない店舗などもあり、客数が少ないため接客のストレスが少なく、ワンオペが楽に感じるケースもあります。

また、落ち着いたペースで業務を進めることができ、自分の作業リズムを作りやすいのもメリット。

しかし、一方で緊急時やトラブル発生時に対応するスタッフが他にいないため、それなりの責任感が求められます。

人間関係が良い場合が多い

田舎では従業員の数が限られていることが多く、その結果として従業員間の人間関係が密接になりやすい傾向にあります。

コンビニバイトでも少人数での運営が多いため、各スタッフとの関係を深めやすく、チームワークを育む良い機会になります。

共に働くスタッフとの信頼関係を築くことができれば、仕事はよりスムーズに、また楽しく行えるようになります。

この密な人間関係は、都市部のコンビニでのバイトでは得られにくい経験です。

しかし、少人数のために仕事の負担が大きくなることや、人間関係のトラブルが発生した際に解決が難しい場合もあります。

意外と募集も多い

田舎ではコンビニのバイト求人が少ない、ということを上述していますが、地域によっては意外に多いことがあります。

これは、田舎のコンビニが地域コミュニティの重要な一部として機能しているためです。

また、人口密度が低い地域では、通勤可能な範囲内で働けるバイトの選択肢が限られているため、コンビニは重宝されます。

その結果、地元の住民や若者にとってアクセスしやすい場所となり、求人が比較的多く見られるのです。

しかし、田舎のコンビニでは従業員の数が限られているため、募集があっても応募者も多いことが予想されます。

暇な時間が退屈

良く聞くデメリットかもしれませんが、暇な時間帯が多すぎてバイトがかなり退屈に感じられる場合もあります。

人通りが少ない田舎では、特に日中や夜間に顧客がほとんど訪れない時間帯があり、一定の時間、店内にお客様がいない状況が続くことも。

このような時間帯は退屈に感じることがあります。暇な時間帯を有意義に使うためには、清掃や商品の陳列などの裏方作業に集中する必要があります。

しかし、これらの作業も限界があるため、時間を持て余すことがあります。

この点は、特に活動的な人や常に何かをしていたいと思う人にとっては、大きなデメリットとなる可能性があります。

ヤンキーがたまる場合もある

時として挑戦的な顧客層、特に「ヤンキー」と呼ばれる若者たちが多い店舗も存在します。

このような顧客層が多い店舗では、接客がやや厳しくなることがあります。

彼らは時にルールを無視したり、スタッフに対して無礼な態度を取ることがあり、これがストレスの原因となることも少なくありません。

こうした環境では、冷静さと忍耐力が求められるため、特に対人スキルやストレス耐性が必要となります。

時給が安い

一番とも言える大きなデメリットとしては、時給の低さです。

一般的に、田舎のコンビニの時給は都市部と比較して、低めに設定されていることが多いです。

これは、生活費や物価が都市部に比べて低いため、時給も相対的に低くなる傾向にあるためです。

都道府県によって異なりますが、2024/01月現在、東京では最低賃金が1113円、その他の地域では897円など結構な差があります。

詳細:地域別最低賃金の全国一覧 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

低時給は、特に経済的な自立を目指す人や、バイトを主な収入源としている人にとっては大きなデメリットとなります。

このため、田舎でのコンビニバイトを選ぶ際には、時給と自身の経済的な目標を慎重に考慮する必要があります。

コンビニバイトは田舎だと暇のまとめ

コンビニバイトは、都市部と田舎で異なる特徴を持っています。

都市部では、様々な顧客が訪れるため多忙であり、夜勤や早朝シフトが一般的です。

一方、田舎では客足が少なく、時にワンオペレーションが求められ、静かな環境での勤務となります。

しかし、田舎のコンビニは時給が低いことがデメリットであり、また特定の顧客層がストレスの原因となることもあります。

それでも、田舎のコンビニバイトは人間関係が密接になりやすく、コミュニティの一部としての役割を果たすことも。

どちらの地域でも、接客、商品管理、清掃などの基本的な業務は共通しています。

自分のライフスタイルや求める環境に合わせて、コンビニバイトを選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました