コンビニバイトで靴の選び方!ダメな靴はどんなタイプ?

コンビニ

コンビニのバイトでは、長時間の立ち仕事が必須となるため、適切な靴を選ぶことは非常に重要です。

適切な靴を選ぶことで、仕事の効率を上げるとともに、足の疲労や怪我のリスクを減らすことができます。

また、靴が指定されない場合もあるので、どのような靴を準備をしたらいいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、コンビニバイトでの靴選びにおける重要ポイントについて解説します。

コンビニのバイトで靴は指定がある?

早速ですが、気になるコンビニのバイトで使用する靴に、指定があるかないか?

その答えは「基本的に指定はない」です。コンビニのバイトのルールは、細かいところは特に店長に委ねられていることがほとんど。

その為、靴もその対象となっていることがほとんどで、よほどの理由がない限り、自分の履きやすい靴の使用をオススメします。

指定された場合はその靴を履く

コンビニのオーナーによっては、大まかにスニーカーなど動きやすい靴、と指定される場合があります。

もちろん靴はコンビニが用意してくれるのではなく、ご自身で準備する場合がほとんどです。

基本的に靴の色は黒、動きやすい靴で、と抽象的に指示されることが多いです。

また、靴のタイプなどは指定がない場合が多く、どのようなタイプの靴を選んでいいのか分からない、という人もいます。

靴は汚れやすくなる

コンビニは掃除や揚げ物の調理という仕事も含まれており、靴が汚れやすいです。

そのため、いくら履きやすくても、お気に入りの靴をバイトで使用するのはやめておいたほうがよいでしょう。

あらかじめ、バイト用に汚れてもいい靴を準備しておくといいかもしれません。

初めて出勤するときなどは忘れやすいので、今すぐ準備をしておいてください。

コンビニバイトで靴選びのポイント

疲れにくい靴

コンビニバイトでは、一日中立ちっぱなしのことが多く、足や腰への負担が大きくなりがちです。

そのため、足の疲れを最小限に抑えることができる靴を選ぶことが重要です。

具体的には、良質なクッション性を持ち、足の形に合うものを選ぶべきです。

また、アーチサポートがしっかりしている靴を選ぶこともポイント。

足への負担を均等に分散させ、長時間立っていても疲れにくくなります。

さらに、通気性の良い靴を選ぶことで、長時間の勤務でも足が蒸れにくくなります。

履きやすい、歩きやすい、クッション性の高いスニーカーは負担も少なく最適です。

ただ、そういった靴には浸水しやすい、汚れが落ちにくいといったデメリットもあります。

ですから「疲れにくい靴」を一足、バイト専用の靴として持っておくと良いでしょう。

滑りにくい靴

コンビニでは、フライヤーなどを使って、ホットスナックの調理をします。

その際、床が油汚れで滑りやすかったり、足の上に油が跳ねたりする場合もあります。

さらに、コンビニの床は雨天時には滑りやすくなるため、滑りにくい靴を選ぶことが安全に働くための鍵となります。

特にコンビニはレジ対応など忙しく、テキパキ動くことが求められます。

そのような時に滑りやすい靴を履いていると、滑って転倒してしまう恐れもあります。

滑りにくい靴の選び方としては、靴底がゴム製で、溝が深いものを選ぶことがポイント。

ゴム製の靴底は、滑りやすい床でもグリップ力を発揮し、溝が深いと水や油を逃がしやすくなります。

色は暗い感じがベスト

汚れが目立ちにくい色の靴を選ぶことは、見た目の清潔感を保ち、誰にでも好印象を与えるために重要です。

一般的には、黒や濃い茶色などの暗めの色が、汚れを目立たせにくく、長期間きれいに見せることができます。

明るい色や白は汚れが目立ちやすいため、コンビニバイトにはあまり向いていません。

おすすめの靴

コンビニバイトに適した靴は、快適性と機能性を兼ね備えたものがおすすめです。

特におすすめはクッション性が高いスニーカー。そしてとにかく動きやすい、足に負担がかかりにくい靴です。

長時間立ち続けても疲れにくいように、良質なクッション性を持つスニーカーが理想的です。

また、黒を基調としている派手ではないスニーカーなら、無難で文句を言われることはないでしょう。

履きやすさを重視するなら、ランニングシューズに近いタイプのスニーカーなど、機能で好みの靴を選ぶのがオススメです。

また、撥水機能がついているものを選べると、なお良いですね。

ちなみに、あくまで「コンビニバイトの靴」ですので、ファッション性の高い靴でなくてもよいでしょう。

靴底がすり減ってしまったり仕事中に汚れてしまうことも多いので、靴の量販店のようなところで安く購入するのもおすすめです。

ローファーはどうなのか

ローファーは、そのシンプルさと履きやすさから多くの職場で選ばれています。

コンビニバイトにおいても、ローファーは比較的おすすめできる選択肢の一つです。

しかし、ローファーを選ぶ際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、クッション性があり、長時間履いても疲れにくいモデルを選ぶことが重要です。

また、滑りにくいソールのものを選ぶことで、勤務中の安全性を高めることができます。

通気性も考慮して、足が蒸れにくいものを選ぶとよいでしょう。

靴も清潔感が重要

お客様に清潔で好印象を与えるためにも、靴は常に清潔に保つ必要があります。

わざわざ靴を見る人なんて、もちろん少ないでしょう。

しかし、一部の方は汚れているような靴を見れば、不快に感じる方もいるかもしれません。

よって、何度も繰り返しますが、汚れが目立ちにくく、掃除が容易な素材の靴を選ぶことが望ましいです。

また、汚れを放置してしまうのは良くありません。汚れた場合は、綺麗にすることが大事です。

軽い汚れならウェットティッシュで拭き取るだけで綺麗になるし、シフトが何日か空くタイミングを狙って靴を洗うのも良いですね。

もし汚れが酷くなってきたら、躊躇いなく捨ててしまって新しいものを用意するのもいいでしょう。

また、面接の際も、清潔感を忘れないようにしましょう。

面接では短い時間のなかで第一印象を良くし、常識があり一生懸命働ける人材であることをアピールしなければなりません。

そのなかで清潔感はとても大事だし、足元も案外注目されているものです。汚れた靴で面接に向かうのは絶対にやめましょう。

コンビニバイトでおすすめ出来ない靴とは

厚底やヒールが高い靴

厚底の靴やヒールが高い靴は、見た目のスタイルを良く見せることができますが、コンビニバイトには適していません。

これらの靴は、足への負担が大きく、長時間の立ち仕事には不向きです。

特に、ヒールが高いとバランスを取るのが難しく、転倒のリスクが高まります。

また、厚底の靴は、足を自然な形で地面に着地させることが難しくなり、疲労が蓄積しやすくなります。

コンビニバイトでは、安全性と快適性を考慮して、フラットなソールの靴を選ぶことが推奨されます。

サンダルやクロックス

サンダルやクロックスは、通気性が良く、日常的に履くには非常に快適な選択かもしれません。

しかし、コンビニバイトの現場では、おすすめできません。理由は、サンダルやクロックスが提供する保護が不十分であるためです。

コンビニの業務中には、重いものを持ったり、床が濡れて滑りやすくなったりする場合があります。

このような環境で、足の甲が露出している靴を履いていると、足を傷つけるリスクが高まります。

また、これらの靴は、安定性が低いため、長時間の立ち仕事による足の疲れや腰痛を引き起こす可能性があります。

革靴(ブーツなど)

一見すると、革靴やブーツは堅牢で足を保護するのに適しているように思えます。

ですが、コンビニバイトには不向きな選択です。

主な理由として、革靴やブーツが提供する固定性が、長時間の立ち仕事による足の疲れを増加させる可能性があるからです。

また革靴は、比較的重いタイプもある為、足への負担が大きくなりがちです。

さらに、これらの靴は通気性が低いことが多く、長時間履き続けると足が蒸れやすく、不快感が増す原因となります。

白色の靴

白色の靴は見た目が清潔で爽やかな印象を与えますが、コンビニバイトにはおすすめできません。

その最大の理由は、白色が汚れや傷を非常に目立たせやすいためです。

コンビニの業務は多岐にわたり、飲料の漏れ、床の汚れなどに直面することも少なくありません。

そのため、白色の靴を履いていると、短時間で目立つ汚れがついてしまうことがあり、清潔感を保つのが困難になります。

また、頻繁に靴を清掃することは、時間的にも労力的にも現実的ではありません。

ブランドの値段が高い靴

コンビニの現場では、飲料がこぼれる、棚から商品が落ちるなど、靴が汚れや傷を受ける可能性が高いです。

ブランド物で値段が高い靴は、見た目やブランド価値に魅力がありますが、コンビニバイトで使用するには不向きです。

高価な靴を使用すると、汚れや傷がついた際の心理的なストレスが大きく、勤務に集中することが難しくなります。

また、高価な靴は、コンビニバイトの給与と比較しても、コストパフォーマンスが悪い選択となり得ます。

そのため、コンビニバイトには、実用性とコストパフォーマンスを考慮した靴を選ぶことがおすすめです。

合わない靴

自分の足に合わない靴を履いていると足の裏や指先が痛くなるのはもちろん、ふくらはぎや体全体にまで負担がかかります。

緩すぎずキツすぎず、歩いた時にかかとがパカパカしない、つま先が痛くなったり靴擦れなどしなさそうなどなど。

気をつけたいポイントは色々あるので、靴屋さんで試し履きするなどして自分に合う靴を探してみてください。

普段からスニーカーをよく履く人は同じ型の靴をバイト用にもう1足用意するのも良いですね。

他にスニーカーを持っていない人は上記のポイントを参考にじっくり試着しながら探してみましょう。

靴や足のメンテナンスも大切

足が疲れた場合の対処法

コンビニの立ち仕事で足が疲れた場合は、帰宅後のケアも忘れずにしたいですね。

湯船にゆっくり浸かると、血の巡りが良くなって疲労成分が排出されやすくなります。

手を使って足の指のあいだを広げたり、1本ずつほぐしていったり、土踏まずをゆっくり押してほぐしたりすると多少疲れが和らぎます。

ふくらはぎまで疲れているようならば、手で揉みほぐしてあげるとスッキリします。

最近はコリをほぐすローラーやツボ押しグッズ、足の指を広げて疲れを取るグッズなど100均で買えるリラックスグッズも沢山あります。

そのようなグッズを活用するのもお勧めです。足は知らず知らずに疲労が蓄積されていることもあるので、簡単にできる方法でバイトの疲れを取ってあげてください。

インソールを活用する

もし今履いているスニーカーが疲れやすくて困っているようであれば、立ち仕事にオススメと謳っているインソールを試してみましょう。

衝撃を吸収してくれる素材を使っていたり、土踏まずの部分が盛り上がっているなど足の形を考えて設計されていたりします。

中には、メッシュ素材など靴の中の湿気を吸い取ってくれる機能のあるインソールもあります。

安い靴を買ったら底が薄かった、しばらく履いているうちに底がすり減って疲れやすくなったみたいなど、困った場合は是非探してみてください。

靴の寿命を延ばすコツ

靴の寿命を延ばすためのコツは、靴を交互に履くことです。

一足の靴を連続して履き続けると、靴の内部の湿気が抜けにくくなり、素材が劣化しやすくなります。

複数の靴をローテーションさせて履くことで、各靴が適切に休息を取れるようにしましょう。

また、靴の内外を定期的に清掃することも大切です。

外側は柔らかいブラシや布で汚れを優しく落とし、内側は消臭スプレーや乾燥剤を使って湿気や臭いを管理します。

特に、雨の日に靴が濡れた場合は、新聞紙や専用の乾燥剤を使って内部をしっかり乾燥させることが重要です。

靴の日常の手入れ方法

日常の手入れで最も基本的なのは、靴を正しく脱ぎ履きすることです。

靴べらを使用して靴を履き、脱ぐ際には靴の後ろを踏まないようにしましょう。

これにより、靴の形状を保ち、素材への無駄な負担を避けることができます。

また、靴を履かないときは、靴型を入れて形を保持することもおすすめです。

靴型は靴の内部の湿気を吸収し、型崩れを防ぐことができます。

さらに、履いた後の靴は風通しの良い場所で保管し、直射日光や高温多湿の環境を避けることが大切です。

素足で靴を履く行為は良くない

靴を素足で履くことは、一見快適に感じられるかもしれませんが、コンビニバイトでの勤務には適していません。

お客さんからの印象もよくないですし、何より、怪我をする危険があります。

働いていると、思わぬところで事故が起こる可能性があり、重いものが足に落ちてきたり、鋭利な場所に足をぶつけるかもしれません。

プチデメリットの靴が臭くなってしまうことも含めて、靴下は履いてバイトするのが安心安全です。

また、素足で長時間靴を履くと、摩擦による足の痛みや水ぶくれが発生しやすくなります。

靴下を履くことで、これらの問題を防ぐことができます。特に、通気性と吸湿性に優れた靴下を選ぶことで、足の快適性を保つことが可能です。

コンビニバイトで靴の選び方まとめ

コンビニバイトでの靴選びは、長時間の勤務でも快適に過ごせるようサポートする重要な要素です。

靴を購入する際は、疲れにくい、滑りにくい素材で、汚れが目立ちにくい色の靴が理想的です。

高価なブランド物や、白色の靴、または素足で履くことは避け、通気性と快適性を重視しましょう。

ローファーやサンダル、革靴など、業務に不向きな靴を避けることも大切です。

また、靴の寿命を延ばすためには、日常のメンテナンスと適切な手入れが欠かせません。

快適で安全な勤務のために、適切な靴選びと手入れを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました