コンビニバイトで髪色や髪型は自由で緩い傾向となっている?

コンビニ

最近は年々髪色や髪型に関する規定が緩くなってきており、大手の会社でも髪色や髪型が自由となっている会社も増えてきております。

では、コンビニバイトの場合はどうなのでしょうか?

特にバイトは若い年代の方が多く、若い時は髪の毛の色などを変えておしゃれも楽しみたいですよね。

バイトのおしゃれの両立をしたい、と思っている方は多いはずです。

今回、コンビニバイトで髪色や髪型の事情について調べましたので、詳しく解説したいと思います。

コンビニバイトで髪色や髪型は緩いのか?

基本的にコンビニバイトで髪色や髪型については、厳しい店舗もあれば比較的緩い店舗に分かれます。

一言で言い表すのが難しいく、多くの要因が関係していますので、詳しくご紹介します。

直営店かフランチャイズによって異なる

コンビニバイトにおける髪色や髪型の緩さは、主に直営店かフランチャイズかによって厳しさが異なります。

一般的に、大手チェーン直営店のコンビニでは、企業全体のイメージや規則に沿った身だしなみが求められます。

逆に、フランチャイズ店は最終的な判断として、店舗の責任者(オーナー)に委ねられることが多いです。

例えば、ある店舗では自然な茶色程度の髪色、一般的な髪型が許可されているかもしれません。

しかし別の店舗では、もう少し自由なスタイルが許容されることもあります。

重要なのは、その店舗がどの程度まで寛容か、またはどの程度まで規則を厳格に適用しているかという点です。

では、直営店かフランチャイズか見分ける方法は?となるかもしれません。

しかし見分ける方法は難しいのが現状で、詳しくは後述しますがおすすめの見分け方があるので、後でご紹介します。

派手な色や髪型はNGの場合が多い

一方で、コンビニバイトにおいて、あまりにも派手な髪色はNGとされるケースが多いです。

これは、コンビニが幅広い年齢層の顧客を迎える場所であるため、一般的に受け入れられる範囲内の外見が好まれるからです。

例えば、鮮やかな青やピンクなどの目立つ髪色は、顧客に不快感を与える可能性があるため、避けられることが多いです。

同様に、非常に個性的な髪型や過度に派手なヘアスタイルも、企業イメージに影響を及ぼすと見なされる可能性があります。

コンビニバイトにおいて髪色や髪型の自由度については、店舗のオーナーや店長の方針に大きく左右されますが、一般的には過度に派手なスタイルは控えめにすることが望まれることが多いです。

よって、コンビニバイトを始める前には、その店舗の身だしなみに関する方針を募集要項などで事前に確認することが重要です。

髪色や髪型自由の募集もある

実際に、求人サイトで髪色や髪型に関する規定が比較的緩やかなコンビニもバイト募集をしています。

特に若い人をターゲットにしたコンビニや、都市部に位置する店舗では、ファッションに関して寛容な傾向が見られます。

これは、特に若者文化が盛んな地域や、トレンドに敏感な顧客層を取り込むための戦略ともいえるでしょう。

ただし、顧客層や店舗の立地によって、身だしなみの基準は変わるため、応募する店舗の方針を事前に確認することが重要です。

また、募集要項に髪色についての記載がない場合でも、働いてみるとどんな髪色や髪型でも良いと言われた、という場合もあります。

よって、最終的には面接前に事前に聞いておく、などの対処が必要となってきます。

一方で、髪色や髪型に比べ、ネイルやマニキュアに対する規定はより厳しい傾向にあります。

これは、食品を取り扱う職場であるため、衛生面での懸念が大きいからです。

特に、ネイルが剥がれたり、マニキュアが商品に付着するリスクがあるため、多くのコンビニではネイルやマニキュアの使用を禁止しています。

また、ネイルやマニキュアは顧客への印象を大きく左右する要素の一つであり、コンビニの企業イメージにも影響を及ぼすため、こうした規定が設けられているのです。

どのコンビニチェーンが厳しい?

実際に、大手の求人サイトで髪色や髪型自由という絞り込み検索をして調査した結果、チェーン店やエリアによって求人数に差があることが分かりました。

【東京エリア】

  • セブンイレブン:10店舗
  • ローソン:8店舗
  • ファミリーマート:58店舗

【大阪エリア】

  • セブンイレブン:6店舗
  • ローソン:6店舗
  • ファミリーマート:2店舗

※2024/01/13日現在

エリアによって異なりますが、調査したタイミングでは、東京のファミリーマートの求人において髪色や髪型自由が多い傾向でした。

一方で、セブンイレブンやローソンは同じ程度の求人募集があり、求人数は少なめとなっており、これらのコンビニチェーンは少し厳しめの傾向かもしれません。

ただ、はっきりとしたことは不明ですので、実際は働いてみないと分からない部分が多くなっているので、参考程度にしておいてください。

バイトしたいコンビニの髪色や髪型の基準を知るには?

コンビニバイトを検討する際、多くの人が気にするのが髪色や髪型の自由度です。

では、バイト先のコンビニでどの程度髪色や髪型の自由が認められているかを、どのように知ることができるのでしょうか?

コンビニに行きスタッフの髪を見る

コンビニバイトにおける髪色や髪型の基準を知る最良の方法の一つは、実際にそのコンビニに足を運んで、現在働いているスタッフのスタイルを観察することです。

店舗によっては、髪色や髪型に関して緩やかな基準を設けている場合もあれば、比較的厳格なルールを持っている場所もあります。

実際の店舗を訪れて、働いている従業員の髪色や髪型をチェックすれば、その店舗の身だしなみに関する方針がより明確に理解できるでしょう。

そして大切なのは足を運ぶ際、できるだけ様々な時間帯に訪れると良いでしょう。

朝の時間帯には別のスタッフが、夕方以降にはまた異なるスタッフが勤務している場合があり、それぞれのスタッフの髪色や髪型が店舗の基準を反映しています。

また、観察だけでなく、実際に店舗のスタッフや店長に直接質問してみるのも有効です。

よって、事前に実際の店舗を訪れて観察することが重要で、コンビニに行ってスタッフの姿を見ることで、自分のスタイルを維持しつつ快適に働けるかどうかを判断することができます。

電話をして聞いてみる

上記の通り、コンビニに行くのも良い方法ですが、時間がない時や面倒な場合は、バイトしたいコンビニに電話をして聞いてみることです。

これにより、その店舗がどの程度まで髪色や髪型の自由度を許容しているのか、具体的な情報を得ることができます。

電話の際には、自分が検討している髪色や髪型が許容されるかどうかを明確に尋ね、店舗ごとの規則を確認しましょう。

また、電話をする時間帯は気を付ける必要があります。ピークタイムを避けて電話をすることがマナーでしょう。

髪色や髪型自由の場合面接の身だしなみは?

面接時の髪色や髪型については、面接を受けるコンビニの基準に合わせるのがベストです。

髪色や髪型自由となっている比較的自由度が高いコンビニのバイト面接では、自分らしいスタイルを保ちつつも、清潔感と適切さを重視するといいでしょう。

逆に、まだ髪色や髪型の基準があいまいで、良く分からないようなコンビニで面接を受ける場合は、控えめで一般的なスタイルが望ましいでしょう。

ただし、面接時はあくまで最初の印象が非常に重要であり、面接官に好印象を与えることが求められます。

そのため、どのコンビニチェーンであっても、自分らしさを表現しつつも、髪色や髪型は適切な身だしなみを心がけることが重要です。

コンビニバイトでは、髪色や髪型に関する基準はチェーンによって異なります。

面接時にはそのチェーンの基準を理解し、適切な身だしなみで臨むことが望ましいです。

面接でお勧めの髪色や髪型

面接においては、一般的に落ち着いた髪色と整理された髪型が望ましいとされています。

たとえその店舗でカジュアルなスタイルが許容されている場合でも、面接はあくまで公式の場であり、良い印象を与えることが重要です。

もちろん、面接を受けるコンビニの基準に合わせるだけでいいのですが、勧めとしては基本的に自然な髪色、清潔感のある髪型を選ぶことです。

こうすることで、責任感があり職務に真剣であるという姿勢をアピールすることができます。

面接時においては、面接官の印象にも配慮することもポイントです。

よって、派手すぎる髪色や個性的過ぎる髪型は避け、清潔感と適切さを心がけることがおすすめとなりますす。

自分らしさがある髪型や髪色にするのは、出来れば面接の時は避けて採用後にするといいでしょう。

コンビニバイトで髪色や髪型のまとめ

コンビニバイトでの髪色や髪型の緩さについては、直営店やフランチャイズによって異なります。

一部の店舗では、比較的ゆるやかなルールが設けられており、髪の色や形に関して寛容な場合があります。

しかし、同じコンビニでも伝統的な外見の基準を採用しているような、厳しいルールを設けている店舗もあります。

よって、髪色や髪型について具体的な規定について確認するには、店舗に直接連絡を取るのが最も確実です。

面接に関しては、自然な髪の色ときちんと整えられたスタイルがおすすめ。面接官に好印象を与えることも考えて、面接へ臨みましょう。

タイトルとURLをコピーしました